満島ひかり主演のドラマ NHKの黒柳徹子『トットてれび』

満島ひかり10.png
出典:https://www.instagram.com/p/BE052GPg6G0/

満島ひかりさん主演のNHK総合テレビのドラマ『トットてれび』が
始まりました。

ちょうど1週間前の4月30日(土)が第1話でしたので、
すでに見ている方もたくさんいると思います。

『トットてれび』については別の記事ですでに紹介していますので、
概要は重複しますが、改めて簡単に触れておきます。
関連記事:
満島ひかりさんと黒柳徹子さんは『おひさま』からの因縁?
http://mitsushima-hikari.seesaa.net/article/437523630.html


『トットてれび』は、日本初のテレビ女優とも言われている
黒柳徹子さんの半生を描いたドラマで、
黒柳さん役は満島ひかりさんが演じています。

原作は黒柳徹子さんの自伝エッセイです。

NHKテレビ黎明期が背景なので、昭和の大スターが多数登場するのも魅力です。


『トットてれび』が出来るまで



原作には黒柳徹子さんの自伝エッセイである「トットチャンネル」と「トットひとり」
が使われているそうです。

トットてれび原作.png
出典:amazon.co.jp

NHKにとって、『トットてれび』の企画は自身の歴史を描くことでもあって
相当に力が入っているようです。

それはNHKから誕生したテレビ女優、黒柳徹子を描くことであり、
ある意味昭和史そのものを描くことでもあるからです。

そのため、黒柳さんを始め、テレビの草創期の生き証人から話を聞いて
出来る限り全て生放送であった時代に忠実に脚本を作っているそうです。

黒柳さんは今も自由なテレビ女優であり続けているようですが、
それを演じるのには満島ひかりさんが適役だと
エグゼクティブ・プロデューサーの加賀田透氏がコメントしています。

”誕生から60年以上を経た今、テレビは無数のルールや前例や約束事に取り巻かれています。
黒柳徹子さんは、そうしたものから解き放たれ、自由であり続けた人だと思います。
そしてヒロインの満島ひかりさんは、そんな黒柳さん的精神を体現してくれていると思います。
私たちも、自由に、大胆に、いろいろな挑戦をしながらこのドラマを作っています。
エグゼクティブ・プロデューサー 加賀田透”
出典:nhk.or.jp

スポンサーリンク




「2回、断りました。『できないです!』と言って」



トットてれび記者会見2.jpg
出典:news.livedoor.com

満島ひかりさんは、黒柳さんの頭の展開の速さ、
育ってきた環境を考えるとできないと思い、彼女のパワーをドラマで出せるのか怖い
と出演を2回断ったそうです。

しかし、再現ドラマにしたくないと監督に言われ、
黒柳さんのパワーを借りて、新しいものをやりたいとも言われ、
スタッフの熱意に心を動かされ、出演を決めたんだそうです。

”満島ひかりさんコメント

まさか、黒柳徹子さんの役をやることになるとは思いませんでした。
「テレビでもう一度遊びたい」と、演出の井上さんがおっしゃっていました。
私もテレビで遊んでみたいと思い、徹子さんの人生をちょっとお借りして、
現代のテレビでどれだけ遊べるかやってみようと、頑張っているところです。”
出典:www6.nhk.or.jp


「この頭はきれいな人が似合うんだなと思いましたね」



トットてれび記者会見.jpg
出典:news.goo.ne.jp

満島さんと二人でタマネギ頭で『トットてれび』の記者会見に出席した黒柳徹子さんは、
「とてもおきれいな方で、この頭はきれいな人が似合うんだなと思いましたね」
と笑顔で満島ひかりさんを絶賛したんだそうです。

別の記事の方で投稿していますが、
2013年にNHK総合テレビで放送したドラマ『おひさま』で、
満島ひかりさんが演じる昭和時代の育子の現代の姿として
黒柳徹子さんが特別出演しました。

それは満島さんが『徹子の部屋』に出演した際に楽屋に黒柳さんを訪ね、
出演を直談判した事で実現したんだそうです。

その時の縁もあって、黒柳さんは『トットてれび』自分の役をやってもらうのは
満島ひかりさん以外にはいないと心を決めていたようです。

”黒柳徹子さんコメント

私の書いたものがドラマになるなんて、夢にも思っていませんでした。
NHKからこのお話があったとき、「満島さんが私をやってくださるならいいです」と。
第1回を拝見して、オーディションのシーンの「違う役をやりたいな」というセリフが、
本当に私が言いそうなことで、おもしろかったです。”
出典:www6.nhk.or.jp


7回で完結するのが残念



こうして見るとNHKはドラマ『トットてれび』に相当力を入れてますし、
NHKの制作サイドだけでなく、主演の満島ひかりさん、
そして強力な立役者であり出演者にもなる黒柳徹子さんの
思い入れが強い作品として放送される作品です。

出演者では渥美さんを中村獅童さん、向田邦子さんをミムラさん、
森繁久彌さんを吉田鋼太郎さん、
坂本九さんを「関ジャニ∞」の錦戸亮さんと超豪華です。

ほかにも、濱田岳さんや安田成美さん、大森南朋さん、武田鉄矢さん、
吉田栄作さん、岸本加世子さんら豪華キャストが出演します。

『トットてれび』はこれまでに例を見ないドラマで期待感も高く、
第1話の平均視聴率は10.1%と言う好調な滑り出しでした。

7回で完結するのではなく、2度と無いと思うせっかくの機会なので、
もう少し長い期間での放送企画として欲しいと思うのは私だけでしょうか。


関連記事

満島ひかりさんがドラマ『ウーマン』で演じていた病気は?

満島ひかり主演のドラマ『ウーマン』シーンを画像で振り返る

満島ひかりさんと黒柳徹子さんは『おひさま』からの因縁?